2016/01/22 Fri.BICSIM ?? or mineo ??

今年に入り、電話専用のSoftbankのiPhone 5sとBICSIMを入れたiPhone 6s Plusの2台持ちの運用を始めました。
また、固定電話の開始と共により一層ランニングコストを見直す機会になりました。

このまま問題なく進めば、4月の解約月にSoftbankからBICSIMにMNPする予定でした。
しかし、本日mineoの発表のあったキャンペーンを知り考え直すようになりました。

以前BICSIMの導入する際にmineoはmonomaniacgarageさんに勧められていました。

mineoの公式によると今回の「そのまま、安く、乗り換えよう」キャンペーンは以下の通り。

・デュアルプラン(データ通信+音声通話)の申し込みで3ヶ月間800円/月割引。(eo光の人は6ヶ月)
・mineoに新規申し込みで12ヶ月間毎月データ容量が+2GBに

ちなみに、同時キャンペーンで紹介すると双方にAmazonギフト券が1000円もらえるのもやっています。
同時併用も可能。

もともとの考えで行けば、BICSIMの音声+データ(5GB)で2,220円へMNPでした。
今回のキャンペーンを受け、もしmineoにMNPした場合、初年度は2GBが増量されるので音声+データ(3GB)の1,600円で使えるようになります。

また、3ヶ月については800円引きですので、
(2,220-1,600)×12+(800×3)となり、音声対応のSIMの1年縛りを考えれば、9,840円の節約になります。
MNPでSoftbankを転出する場合、4月の解約月は解約金は掛かりませんので、転出料2,160円のみでSoftBankとオサラバできますね。

BICSIMへ転入する場合は、現在所有しているSIM契約は一旦解約することになり、再度初期手数料(3,240円)を支払う必要があります。
その点mineoではヨドバシカメラやAmazon等でエントリーパッケージを購入することで、1,080円の費用だけで契約することが可能。

もともとBICSIMにした理由は、1番安定しているIIJグループでありWi2 300が使えることでした。

前者の安定度は現在のMVNOの中でのmineoの良さ、monomaniacgarageさんの情報から遜色ないと判断しました。
後者のWi2 300は不満しかありません。そもそもスポットが少ない上にPremiumスポットが弾かれていることが追い打ちをかけました。

mineoには現時点でWi-Fiスポットがありませんが、現在自宅で使用しているNTTフレッツ光提供のフレッツ・スポットが実用的に使えており、今年いっぱいある無料期間を有効活用しようと思います。

2016-01-23 21-59-49

このように速度のしっかり出ているBICSIMも捨てがたく、mineoの割引のある間最小プランで置いておきたいような気もしますが、個人的にはマイネ王やパケットタンクなど面白さが見えるmineoに心奪われています。

2件のコメント

  1. もう3日前になりますが、四国電力グループのSTNetがmineoと瓜二つなMVNOのサービス、Fiimoを始めるとの発表がありました。mineoと同様、auとdocomo回線を借用するマルチキャリアだそうで、月額基本料金8ヶ月間900円割り引くキャンペーンが適用される先行予約を展開しています。使っている用語も同じなので、K-Opticomと提携していると思われます。

    1. 記事読みました。
      Fiimoは始まったばかりか、そこまでサービスの多様性がまだすくないように感じます。
      docomoが3月あたりから2年縛りを緩和するような話が出ていますが、もう後の祭りです。

コメントを残す